最近行った風俗は不発ばかり

お得さを求めています

風俗でもやはりお得さを求めています。自分の日常生活でも、クレジットカード、電子マネー、ポイントサービス。何がお得になるのかを必ず見極めるようにしているんですよね。そうじゃないと勿体ないって言うか、後から「この方法の方が良かったのか」と思うのも嫌じゃないですか。風俗のプレイに満足出来ても、もっとお得な方法があったって思ったら自分の中で気持ちが変わっちゃう部分もありますよね。だからこそ、後悔しないようにお得な方法を探して選ぶようにしています。クレジットカードでの支払いであればどれだけポイントプログラムの恩恵を受けるのかや、メルマガ等でお得な情報はないのか。デリヘルの場合、ホテルの料金はどういった形で支払うのかも調べますよ。それによって、ホテルのクーポンも調べようかとか、そこは自分の領分では何も出来ないとかいろいろと見えてくるじゃないですか。細かい部分までしっかりと調べてこそ、後悔のないプレイが出来るんですよ。

女性恐怖症でも風俗は楽しめる

モテないからなのか、それとも女性恐怖症だからモテないのかまでは自分でもよく分かりませんけど、そんな自分でも風俗は満喫しています。思うに、女性恐怖症になった理由は女性に対してあまり良い印象がないからです。特に学生時代はいじめとまでは言いませんけど、いいように使われることも多いし罵詈雑言を浴びせられることも珍しくありませんでした。それだけに、女性に対して深層心理で恐怖症が生まれてしまっているような気がするんですよね。だからプライベートで女の子と遊ぼうとか、何かしたいって気持ちは全然ないんですけど、性欲はあるのでそれなら風俗でってことです。調子が良いかもしれないんですけど、女の子は好きじゃないんですけど風俗というか、女の子の体は好きなんですよ。かといって二次元は自分に何かをもたらしてくれる訳ではないので、性欲が高まってきた時には女の子に抜いてもらうようにしているんです。調子の良い恐怖症ですが(笑)